« ダイネットお座敷化 | トップページ | エントランス靴置き場再改良 »

博物館網走監獄

丸瀬布に連泊した時に網走まで足を伸ばしました。まず初めに訪れたのが網走監獄。旧網走刑務所の様子を復元して保存されています。

写真は入り口です。

Kangoku1

これは移設、保存された網走刑務所の旧庁舎です。

Kangoku2

旧庁舎内にある観光客用の懲罰房。悪さをしたヤツは、だーれーだー(笑)

Kangoku3

これは通称「看守長屋」と呼ばれた、網走刑務所の職員官舎を再現した建物です。一軒の広さは9坪と狭く、昭和50年代まで網走川の両河畔に176戸立ち並んでいたそうです。

Kangoku4

旧網走刑務所の正門です。ここを潜って入っていったんですね。

Kangoku5

これは旧裏門です。正門も裏門も受刑者が5年の月日を費やして組み上げたそうです。

Kangoku6

旧釧路地方裁判所網走支部の法廷を復元した物が収められている棟です。

Kangoku7

中はこんな様子。法廷の臨場感が伝わってきます。think

Kangoku8

通称「動く監獄」とよばれた、受刑者が刑務所に日帰りできない場合に寝泊りした休泊所です。明治24年の網走~札幌間の中央道路開削工事では延べ1200人の受刑者が投入され、工事の進行に伴いこの休泊所を解体しては移動して行ったそうです。

Kangoku9

丸太が枕なんて考えられませんね。

Kangoku10

これが本当の懲罰房です。獄内規則を犯した受刑者が7昼夜重湯のみで過ごしたそうです。

Kangoku11

最後に紹介するのは有形文化財に認定された受刑者が収監されていた「五翼放射状平屋舎房」です。ご覧の様な舎房が中央見張りを中止に放射状に五棟建てられています。

Kangoku13

中央見張りの左手から5棟建っています。

Kangoku16

昔はこんな格好で脱獄しようとしたのでしょう。

Kangoku17

まだまだ紹介しきれませんが、受刑者が北海道の開発にどれだけ犠牲になったのか、改めて認識すると共に子供には良い勉強になったのではと思います。

あっ、監獄食写真とりませんでしたが500円で、結構美味しかったですよ~。

« ダイネットお座敷化 | トップページ | エントランス靴置き場再改良 »

見聞録」カテゴリの記事

コメント

のんべ~さん、いらっしゃいませ!

>最後の画像の脱獄者の方は東京の府中で捕まったと記憶していますが?

捕まったのは札幌で府中に移送されたようです。ここでは模範囚で最後まで勤め上げたそうですよ。

>あぁ~北海道に行きたいなぁ~

是非来て下さいhappy01
お待ちしてますよ~paper

こんにちは、網走監獄懐かしいです。
行ったのはもう、何年前になるのかな?
最後の画像の脱獄者の方は東京の府中で捕まったと記憶していますが?
あぁ~北海道に行きたいなぁ~
それも静かな道北に・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/221245/42251388

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館網走監獄:

« ダイネットお座敷化 | トップページ | エントランス靴置き場再改良 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

画像掲示板

無料ブログはココログ

最近のトラックバック